ドローンに必要なアマチュア無線免許の取得から開局手続きまで

Q&A

ドローン初心者「マイクロドローンを始めたら、無線局の開局が必要って知ったんだけど、どうやって申請したらいいのかな?」



そんな疑問にお答えします。


マイクロドローンは200g未満なので、国土交通省の許可・承認をはじめ、免許や資格が要らないと思われがちですが、

カメラに付いているVTXは5.8G帯の電波を飛ばすので、総務省に申請が必要です。


この記事の内容


・アマチュア無線4級を取得する方法

・開局手続きをする方法


実際に私が取得した方法をお伝えします。

 

私の『無線免許状』と『無線従事者免許証 』です。

アマチュア無線4級を取得する方法



結論から言うと、キューシーキュー(QCQ)企画の『eラーニング』がいいと思います。

なぜかというと、自宅で講義が受けられて、修了試験は自分の都合のいい日、場所を選べるからです。


アマチュア無線4級を取得する方法は3つあります。

・第四級アマチュア無線技士養成課程『eラーニング』を受ける

・第四級アマチュア無線技士養成課程『講習会』を受ける

・公益財団法人日本無線協会の国家試験を受ける

第四級アマチュア無線技士養成課程『eラーニング』を受ける

自宅のパソコンなどで講義を受けたあと、
都合のいい日に行きやすい『CBTテストセンター 』へ修了試験を受けに行きます。

第四級アマチュア無線技士養成課程『eラーニング』


僕もこれで受験したかった・・・

第四級アマチュア無線技士養成課程『講習会』を受ける

第四級アマチュア無線技士養成課程『講習会』を実施しているところは以下です。


どちらとも講習期間は連続2日間です。
講習会の日程に合わせなくてはなりません。

でも、教官が親切・丁寧に教えてくれます。


キューシーキュー(QCQ)企画

一般財団法人日本アマチュア無線振興協会(JARD)


ちなみに僕はJARDで受講しました。

公益財団法人日本無線協会の国家試験を受ける

大きな都市でのみ開催しています。
自分で勉強すれば、最短・最安で『無線従事者免許証』が交付されます。

公益財団法人日本無線協会


ご自分で勉強する場合は、こちらの『完マル』が鉄板ですね。

初級アマチュア無線予想問題集2020年版: 完全丸暗記

料金

日本無線協会の国家試験が一番安く、
『一般』ならQCQ、『18歳以下』ならJARDが安いです。

QCQJARD日本無線協会
一般 21,500一般 23,150円10,000円くらい
20歳未満 13,800円18歳以下 9,850 
16歳未満 11,200円  

日程

キューシーキュー(QCQ)企画の『eラーニング』以外で受講される方は、以下のリンクから日程を確認できます。

・QCQ

・JARD

・日本無線協会

開局手続きをする方法

めでたく『無線従事者免許証 』が届いたら、開局手続きが必要です。

手続きの方法は以下の通りです。

・VTX(映像伝送用送信機)の系統図を入手する

・TSSかJARDから総務省に申請する

VTX(映像伝送用送信機)の系統図を入手する

ドローン用5.8G帯カメラを買うと、ほとんどのドローンショップは系統図を付けてくれると思います。


その系統図を総務省に提出するのですが、自分でやるのはかなりハードルが高いです。


なので、申請のお手伝いをしてくれる『TSS』か『JARD』にお願いするとスムーズです。


『TSS』お問い合わせ

『JARD』お問い合わせ


ちなみに、私は『TSS』で申請しています。

まとめ

・第四級アマチュア無線技士養成課程『eラーニング』を受ける
・『無線従事者免許証 』が届いたら『TSS』か『JARD』で申請する

以上です。


受験から『無線免許状』を取得するまで1~2か月くらいかかるので、余裕をもって取り組んでみてくださいね。

業務で使用したい場合

マイクロドローンを業務で使用したい場合は、業務用VTXが必要となりますので、こちらの記事をご参照ください。

Q.空撮用マイクロドローン『Vespa』を業務で使用したいのですが

コメント