Tiny Whoop(Brushed Motor ブラシモーター)版 Beta Flightの設定 『Receiver』編

Beta Flight

『Receiver』で各スティックの動きを確認します。

フライトモードの切り替えは、他の回のブログで『SE』に割り当てています。

それぞれの値がスティックを動かしたときに1,000~2,000くらいになっていることを確認します。

これも同じく他の回のプロポの設定で、『エンドポイント』を125にしたのはこのためです。

『YAW』に『Stick Center』の値を合わせます。

1,520になると思います。

機体がピタッとホバリングしない時、『ROLL』と『PITCH』は後でプロポで調節できます。

具体的には、スロットルを全開にして『ROLL』や『PITCH』方向にスティックを倒し、LEDがピカピカした数で調節します。

『YAW』の値に対して『ROLL』や『PITCH』の数値が合わない場合、『RC Deadband』(無信号幅。あそび)で調節します。

今回は『5』してあります。

『Yaw Deadband』は『3』にしてあります。

『RC Deadband』と『Yaw Deadband』は、余裕を持たせるという意味では

『PID Tuning』の『RC Expo』の設定に近いイメージです。

右下の機体は回っていても気にしなくて大丈夫です。

コメント