Beta75のご購入を検討されている方へ

ドローン本体

Beta75X『XT30版』と『PH2.0版』の比較』

Beta75XのXT30版とPH2.0版はコネクターの違いのみですが、

XT30版はPH2.0版に比べ、バッテリーの放電能力が高く、

バッテリーコネクターの接点面積が大きいので出力が出やすいという特徴があります。

1セルバッテリーが使える 『Beta75X PH2.0版』と『Beta75PRO2』の比較

同じPH2.0仕様の 『Beta75X PH2.0版』と『Beta75PRO2』の比較ですが、

モーターの違いで75Xの方がパワーがありますが、

その分PRO2よりも飛行時間が短くなります。

また、75XはFC(フライトコントローラー)が2枚で、PRO2は1枚なので、

PRO2の方が軽く、飛行時間が長くなる要素の一つとなります。

PRO2のデメリットとしては、VTXの出力が25mWで内蔵型なので、

75Xに比べ、電波の届く距離が短いことです。

PH2.0のバッテリーで練習用に考えられておられるのであれば、

『Beta75X PH2.0版』よりも軽量で長く飛ぶ『Beta75PRO2』をお勧めします。

後で、カメラをBeta75Xと同じ『Beta FPV Z02 AIO Cam 5.8G 25/200mW VTX セパレートタイプ(OSD対応)』に変更することも可能です。

 

まとめ

Beta75シリーズなら一番のオススメは『XT30版』

Beta75X 『PH2.0版』はBeta75X『XT30版』と中身が同じですが、パワーが落ちるため、

3種類のBeta75シリーズの一番のオススメは『XT30版』です。

 

PH2.0(1セルバッテリー)を使用したい場合は『Beta75PRO2』

PH2.0のバッテリーを使用したい場合、『Beta75X PH2.0版』は立ち位置的に中途半端となってしまいますので、

2番目のオススメは、飛行時間が長くて後々カメラのアップグレードもできる『Beta75PRO2』となります。

以上、ご参考になれば幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

コメント