ハイパワー72Wデジタル温度調整式SOLDERING STATION

¥ 6,950 税込

商品コード:

関連カテゴリ

  1. ツール(Tool)
数量

コンパクトで使いやすいプロ仕様の半田ごて!

半田が苦手な人でもきれいに仕上げることができます


道具で半田の良し悪しが変わりますよ

150度~450度の高温まで調整可能な半田ごて!


 



特徴 PID温度制御:はんだ付けステーションは、温度制御に高度なPIDアルゴリズムを採用しており、はんだ接合部のサイズに関係なく、精度を損なうことなく温度が急速に上昇します。 温度上昇:溶接工程で大きなはんだ接合部に遭遇すると、はんだ付けチップの温度が一時的に上昇し、その後、通常の温度に戻されてはんだ付けがスムーズになります。通常モードでノブをすばやく右に回すと、この機能がオンになります。 手動スタンバイ:エネルギーを節約し、チップの寿命を延ばすために、ユーザーははんだ付けステーションを手動でスタンバイモードに操作できます。ノブをすばやく左に回すと、通​​常モードのスタンバイモードになります。 ビープ音:はんだ付けステーションがさまざまなモードを切り替えると、内蔵のブザーがさまざまなリズム音を鳴らします。ユーザーは、画面を見なくてもはんだ付けステーションの操作をマスターできます。 操作手順 通常使用モード:電源オン状態では、左右の回転エディターが温度値を直接調整します(摂氏150〜450度)。 ワンボタン補強モード:通常の使用では、エンコーダーを押して温度上昇モード(摂氏50度の急激な温度上昇)に入り、デジタル管の右下隅のドットが設定温度に入るまで2〜3秒間点滅します。通常の加熱モードでは、持続時間はデフォルトです。 1分後、1分後、2つは自動的に常温に戻ります。 機能設定モード:電源が入っている状態で、エンコーダを1秒間押してから放し、パラメータ設定機能に入り、エンコーダを回転させて設定オプションP01、P02、P03、P04を選択し、エンコーダサイクル機能オプションをクリックします。エンコーダボタンを3秒間押し続け、クリックすると設定インターフェイスを自動的に保存して終了します。