JUMPER T8SGとUS/UK65のバインド方法

US/UK65

JUMPER T8SGの設定

※当社のドローン専用設定です。(SFHSSなので、センターを1520に設定してあります。)

また、必要最低限の設定となっておりますのでご了承ください。

 

左上のボタンでメニューに入ります。

 

Main menu

1.Model menu

 

1.Model setup

1.Model setup

 

『Re-Init』を長押しすると、電源右の緑のランプが点灯します。

 

 

2.Mixer

Ch2、3、5をリバースしてあります。

『Ch』の前に『!』が付きます。

 

1‐AIL

『1‐AIL』から『4.RUD』まで、同じ数値にします。

 

Chスイッチ

Ch5はGスイッチで、アームに割り当てました。

Ch6はHスイッチで、フライトモードのアングルとアクロに割り当てました。

Ch7はDスイッチで、フリップオーバーに割り当てました。

 

US/UK65の設定

1.CLIの入力

Betaflightで初心者向けに設定してあるオリジナルCLIを入力します。

各種CLI

 

2.バインド方法

1.送信機の電源を入れる
2.S-FHSSになっているか確認する
3.バッテリーをつなぐ
4.バインドボタンを少し長めに押す

 

番外編

私の設定では使わないですが、もし『DFUモード』にしたくてもできない場合、

機体裏面の『BOOT』ボタンを押しながらBetaflightにつなぐと『DFUモード』になります。

コメント