Beta Flight

Beta Flight

FC(フライトコントローラー)の調整ができる『Beta Flight』について

ArmorやVespaなど、FC(フライトコントローラー)の調整ができる機体は、『Beta Flight』というパソコンのアプリケーションで調整ができます。 こちらからダウンロードしていただくか、 chromeアプリのこちらを...
Beta Flight

Tiny Whoop(Brushed Motor ブラシモーター)版 Beta Flightの設定 Configuration編

Configurationの意味を調べると、 『配置』、『配列』、『構成』、『環境設定』、『形状』、『地形』、『輪郭』、『外形』・・・などの意味があるそうです。 この場合ですと、『環境設定』がしっくりきますかね。 さて、使...
Beta Flight

Tiny Whoop(Brushed Motor ブラシモーター)版 Beta Flightの設定 『Setup』編

Beta flightにつないだ状態で、機体を水平に保ちます。 この時、小さな水平器などを載せてもいいですね。 『Setup』の『Calibrate Accelerometer』を押して、水平状態をセーブします。 ...
Beta Flight

Tiny Whoop(Brushed Motor ブラシモーター)版 Beta Flightの設定 『Modes』編

アーム(プロペラを回す)の設定 『ARM』の『Add Range』を押して、『AUX』に割り当てたいスイッチを選択します。 どのスイッチかは上の『Receiver』で確認できます。 次に、 『Min』を1700 『...
Beta Flight

Tiny Whoop(Brushed Motor ブラシモーター)版 『機体とBeta Flightの接続方法』Micro 0.6g Futaba S-bus SFHSS 8CH receiver V1.2版

1.まず、『Beta Flight』を立ち上げます。 2.プロポの電源を入れます。 3.機体FC(フライトコントローラー)のマイクロUSBに線を差し込みます。 4.受信機(Micro 0.6g Futaba S-b...
Beta Flight

Tiny Whoop(Brushed Motor ブラシモーター)版 Beta Flightの設定 『Receiver』編

『Receiver』で各スティックの動きを確認します。 フライトモードの切り替えは、他の回のブログで『SE』に割り当てています。 それぞれの値がスティックを動かしたときに1,000~2,000くらいになっていることを確認します。...
Beta Flight

スマホで『Beta Flight』(Android系のスマホのみ)

以前から、出先で『Beta Flight』の設定をする時には、アプリをダウンロードしてあるノートパソコンを持って出かけていました。 私は普段から、仕事のメインPCはノートパソコンなので、2台のモニターのコネクタやUSB機器、LANケー...
Q&A

Q.購入したVespaのラダー(YAW)がモッサリしているのですが

A.ご存知の通り、ラダー(YAW)が速い映像だと酔いますので、出荷時は『撮影用』に遅い設定にしてあります。 もしラダーだけの問題でしたら、 『ベータフライト』で YAWのPIDのPを80ぐらいに落として、 RCレートを1.0にしてみて...
Vespa(オンナノコズetc)

【Vespa】 Beta Flight Flash確認

Vespa 69、80、100 機体をパソコンに接続し、『ファームフラッシャー』を選択。 『OMNIBUS F4』 『3.2.5』に。 下2つにチェックを入れる。 フラッシュ後、『PID Tuning』がこのよう...