HOW TO

FUTABA T10Jのプロポ設定

※当社のドローン専用設定です。(センターを1520に設定してあります。) 基本はT6Kの記事をご参考ください。 『+』長押しでメニューに入ります。 T6Kとの相違点 ...
Beta Flight

FC(フライトコントローラー)の調整ができる『Beta Flight』について

ArmorやVespaなど、FC(フライトコントローラー)の調整ができる機体は、『Beta Flight』というパソコンのアプリケーションで調整ができます。 こちらからダウンロードしていただくか、 chrom...
ドローン本体

Beta75のご購入を検討されている方へ

Beta75X『XT30版』と『PH2.0版』の比較』 Beta75XのXT30版とPH2.0版はコネクターの違いのみですが、 XT30版はPH2.0版に比べ、バッテリーの放電能力が高く、 バッテリーコネクターの接点面積が大きいので出力が出...
ドローン免許・資格

ドローンを操縦するのに免許や資格は必要なの?

『ドローン』と聞いて『免許や資格がないと危ないんじゃないの?』とか『罰せられるかも』と不安になったことはありませんか? このページは、そんなお悩みに少しでもお役に立てればと思い作りました。 よかったらご参考ください。   そもそも200g未...
Q&A

Q.空撮用マイクロドローン『Vespa』を業務で使用したいのですが

Q&A

1セル充電器『Ultra Power UP-S6AC 6×4.35W 1S AC/DC LiPO/LiHV Battery Charger』の設定方法

『LiHv』モードで1.0A(充電器によっては1.2A)の充電をおすすめします。

 

 

屋内・屋外練習場

WDA屋内・屋外練習場

※要予約 ドローンを飛ばせる場所をお探しですか? WDA公式ドローンショップでは、ドローンの屋内、屋外の練習場を完備しております。 関西から近い、福井県小浜市でドローンの屋内、屋外練習場をお探し...
シミュレーター

FPV Freeriderのダウンロード、シミュレーターケーブル、設定について

必要なものは、『プロポ』(T6KやDXeなど)と 『USB用シミュレータケーブル FUTABA・JR・Spektrum・Walkera等対応』の2つです。 『FPV Freerider』の『D...
Tiny Whoop

必須アイテム!! バッテリー用 JST PH2.0コネクター

私がTiny Whoopなど小さいドローンを購入すると、 最初についているバッテリーコネクターって、 『molex1.25』という小さなコネクターの事がほとんどでした。 (他にも『Micro』、『MX』、『mCPX』などが...
Tiny Whoop

タイラップ(インシュロック)を使った、Tiny Whoop用 手作りガード

Tiny Whoopを飛ばしていると、必ずぶつかる壁が『破損』!! 文字通り壁にぶつかったり、天井付近から落下したりして、 フレームやカメラ、プロペラが壊れたことが何度あったことか・・・。 打ち所が悪い場合、基盤やカメラが...
Tiny Whoop

Tiny Whoop フレームの改造

買ったばかりのTiny Whoop用フレームは、バッテリーを入れにくくないですか? この画像を見てお分かりいただけますでしょうか? フレームの改造 そう!! バッテリーを奥まで入れても、コネクターがささりにくいのです...
ドローン本体

安定して飛ばしやすい機体『Blade Inductrix』

『Tiny Whoop』といえば、『Blade Inductrix』ですね。 もともと、DSM/DSMXというプロトコルを搭載した『Blade Inductrix』を基に、カメラを付けたり室内でも飛ばせるように改造したものが『Tiny...
Phantom

これからドローンの購入を検討されている方へ 空撮用ドローン編

ドローンの購入を検討する時に、大きく分けて選択肢が2つあります。 一つは空撮用ドローンで、もう一つはレース用ドローンです。 Phantom4について 空撮用ドローンに代表されるのは、『Phantom4』などで、 機体の重量は...
プロポ

なるべく安く揃えたい初心者の方に。ドローンレーサーも使ってる!!初心者におすすめのプロポ『DXe』

これからTiny Whoopを安く始めようという方に『Blade Inductrix』という機体をおすすめしましたが、 なぜ『Blade Inductrix』なのか その理由の一つがこの『DXeプロポを使える』ということです。 ...
ドローン本体

手のひらサイズのドローン(Tiny Whoop)の選び方 1 ブラシモーター編

前回の『これからドローンの購入を検討されている方へ』の続きです。 小さいドローンの利点の一つは、『ドローンの操縦練習を室内でもできる』ということです。 Tiny Whoopのすすめ Phantomなどに代表される空撮用ドローンは、...
カメラ VTX(開局申請)

手のひらサイズのドローン(Tiny Whoop)の選び方 2 カメラ・モニター・ゴーグル編

カメラ カメラは無線免許の要らない2.4G(Wi-Fi)とアマチュア無線4級以上の免許がいる5.8G帯の2種類があります。 2.4G(Wi-Fi)はスマホやiPadなどで映像を見られるという特徴があります。 免許が要らない代わりに少し画...
Tiny Whoop

手のひらサイズのドローン(Tiny Whoop)の選び方 3 モーター編

最近、Tiny Whoopのレースが盛り上がっていて、国内でも賞金レースが始まっています。 このレースに出場する場合、避けて通れないのがモーターの問題です。 モーターは大きく分けて、弱い『ブラシモーター』と、強い『ブラシレスモー...
Receiver(受信機)

『Beta FPV Betaflight F3ブラシフライトコントローラ+ OSD』+『Micro 0.6g Futaba S-bus SFHSS 8CH receiver V1.2』の繋ぎ方

私はFutabaの『T18SZ』というプロポを使用しているので、 ブラシモーターのTiny Whoopを飛ばすとき 『Mini RX 1.1g compatible with Futaba SFHSS(8CH)』という F...
Receiver(受信機)

『BeeRotor TinyBeeF3 Brushed Flight Controller』+『Micro 0.6g Futaba S-bus SFHSS 8CH receiver V1.2』の繋ぎ方

この前ご紹介したレシーバー(受信機)『Micro 0.6g Futaba S-bus SFHSS 8CH receiver V1.2』と、 FC(フライトコントローラー)『Beta FPV Betaflight F3 Brus...
トラブルシューティング

機体の挙動がおかしい場合(電源コード編)

・プロポと機体がバインドしたりしなかったりする ・バインドはするが、途中で切れる ・さっきまでバインドしていたのに、急に繋がらなくなった ・・・などなど、機体の挙動がおかしいときはありませんか? 思い返してみると、そ...
Beta Flight

Tiny Whoop(Brushed Motor ブラシモーター)版 Beta Flightの設定 Configuration編

Configurationの意味を調べると、 『配置』、『配列』、『構成』、『環境設定』、『形状』、『地形』、『輪郭』、『外形』・・・などの意味があるそうです。 この場合ですと、『環境設定』がしっくりきますかね。 さて、使...
プロポ

FUTABA 『T16SZ』『T18SZ』の設定

※当社のドローン専用設定です。(センターを1520に設定してあります。) モードを変更する場合は、バネの入れ替えを行なった後 『システムメニュー』、『ハードウェア設定』、『モード』選択、『スティック補正』を行なってください。 ...
Beta Flight

Tiny Whoop(Brushed Motor ブラシモーター)版 Beta Flightの設定 『Setup』編

Beta flightにつないだ状態で、機体を水平に保ちます。 この時、小さな水平器などを載せてもいいですね。 『Setup』の『Calibrate Accelerometer』を押して、水平状態をセーブします。 ...
Beta Flight

Tiny Whoop(Brushed Motor ブラシモーター)版 Beta Flightの設定 『Modes』編

アーム(プロペラを回す)の設定 『ARM』の『Add Range』を押して、『AUX』に割り当てたいスイッチを選択します。 どのスイッチかは上の『Receiver』で確認できます。 次に、 『Min』を1700 『...